道都・札幌市に隣接し、札幌市中心部から車やJRで約40分と、道内各市町村の中でも抜群の交通アクセスの良さを誇ります。広さは横浜市とほぼ同じながら、その半分近くを北海道らしい大自然が占め、全国でも最大規模の面積を有する「道民の森」は、キャンプ場・レジャー施設として人気を博しています。

札幌市に隣接(スウェーデンヒルズからの眺め)

また、スウェーデン・レクサンド市との姉妹都市交流から日本で唯一本場北欧の「夏至祭」も開催され、北欧の街並みを体感できるスウェーデンヒルズは移住先として全国各地から人気です。

150年以上の歴史を持つこの町を拓いたのは、奥州で圧倒的な強さを誇った名族・伊達政宗の四男を家祖とする名門、岩出山伊達家の邦直公。家臣とその家族340名を率いてこの地へ辿り着き、刀を鍬へ持ちかえ、厳しい自然環境と闘いながら開拓を進めました。没後には当別神社に神様と奉られています。

当別伊達記念館には、伊達家縁の品々の展示、開拓当時の歴史資料が収集され、殿様が開拓する街を視察するために訪れた公卿をはじめとする多くの賓客をもてなす場として建てられた別館では、当時の様子を伺うことができます。

TOP